学生ローンおすすめガイド|カードローンで親バレぜずに審査通過をめざす

学生でも親バレせずにカードローンを利用できます

学生でも親バレせずにカードローンを利用する事が出来ます。

まずそのための条件ですが、20歳以上の成人であることが必須条件です。
学生向けカードローンの中には18歳以上で高校生でなければカードがつくれる場合もありますが、その時は親の許可が必要になります。

しかしほとんどのカードローン会社では20歳以上であれば親に報告することもなく、担保や保証人も不要ですので親バレせずにカードローンに申し込めます。

学生がカードローンの審査に通過するためには、アルバイトをしている必要があります。
審査で収入が少しでもあるかどうかをみられるので、毎日働けなくても、週に何度かはアルバイトをして、毎月少しでも一定の収入があるようにしておきましょう。

親に内緒で申し込みする時に注意すること

ポイント
カードローンのお申し込みは、スマホで簡単に手続きができるWEB申し込みが便利です。

ただWEBで申し込んでカードローンの審査を受ける場合に、実家暮らしの学生は注意しておかなければならないこともあります。

学生がカードローンのことを親に知られてしまう可能性があるのは、電話確認のとき郵送物が送られてきたときです。

WEBで申込をした場合、カードローン会社から確認の電話がかかってきます。
申込時に自宅の固定電話で登録した方が、携帯電話よりも信頼度が高いともいわれていますが、携帯電話で登録したからといって審査で大きく不利になるわけではないので、親に内緒でお金を借りたいのであれば、自分の携帯電話を登録するようにしましょう。

もしくは親御さんがいない時間に電話を掛けてもらうように伝えておくというのも一つの方法です。

郵送物に関しては、必要な書類はすべてスマホで写真をとって送るだけでOKなのですが、カードの受取は店舗や自動契約機で受け取るように指定してください。
あとは利用明細もWEB明細書にしておけば、自宅に郵送物が届くことはありません。
バレないようにするには…
連絡先を自分の携帯電話にする。カードの受け取りは店舗や自動契約機で受け取る。WEB明細書にしておく。

親に心配かけたくない…

悩む女性
学生はまだ本格的な社会人でないため借金をしてしまいますと親御さんにあらぬ心配をかけてしまいます。

実際のところはサークル活動のためであったり卒業旅行の資金など有意義なものであっても不安を与えるのは避けたいものでしょう。
無駄な借金は良くありませんが学生でも親に頼らず自分でお金を調達したいというならカードローンがお勧めです。

限度額までなら何度でも利用できます。
学生の場合限度額は少なくなりますが学生生活を充実させるのに十分な額を賄えるでしょう。

学生カードローンを即日で借りたい時の審査

カレンダー
学生カードローンでの即日での利用をしたいならば、条件を満たした上での審査を通る必要があります。
世の中にはいくつもの種類のローンカードの商品がありますが、学生向けには学生カードローンが用意されています。
即日で学生カードローンの発行をして、お金を借りたいとなれば、学生でもローン自動契約機の操作でのカード発行で、即日にキャッシングを利用できるチャンスがあります。

学生カードローン申し込みでは、学生であっても審査を通過する必要があります。
お金を消費者金融や銀行から借りるということは、学生であっても関係なく返済をしなくてはなりませんし、返済義務があるので当然のことです。
学生であってもお金を貸す方の、消費者金融も銀行側も容赦はしません。

学生は収入がないわけではなく、大学生や専門学生であっても、アルバイトをしていれば、それが毎月の安定をした収入になります。
だから定期的にアルバイトで、学生でも収入があることを証明できることで、申し込みをすることができます。

学生でも親からの仕送りだけで生活をする人であれば、自分には収入がないために、その時点で却下される可能性が高くなります。
安定のある収入というのは正社員である必要はないものの、日雇いや週払いの短期的アルバイトだと、証明には乏しいものとなりますので、週に数日は必ずアルバイトをするという、定期的なアルバイトで収入を得ている方が、カード発行には有利になります。

アルバイトでも直ぐに職場を辞めてしまい、移り気に働いていると少々厳しいです。
逆に同じ職場で学生であっても、長くアルバイトをしているとなると、それは審査にしてもポイントが高くなります。

学生は10代から20代のはじめまでが一般的ですので、年齢的なことも満たしている必要があります。
基本的に学生でも、二十歳を超えていないとカードローン申し込みはできないです。
後は学生であっても、他で借金が有り返済が遅れていたりすると厳しくなります。



このページの先頭へ